ガス中毒を注意すべきだ!

ガス中毒とは
ガス中毒は一酸化炭素を一定量超えて吸入してしまうことで引き起こります。一酸化炭素は、臭いも色もありませんが、人体にとって強力な有毒物質です。ガス中毒の一般的な表現は窒息性、頭痛、吐き気、耳鳴り、動悸です。

ガス中毒の原因と症状
家庭で使用しているガスは、ガス漏れを起こすと強い臭いが生じるため、すぐに感知してガス中毒の症状が起こることはまずありません。そのため原因の多くは、ガス機器などによる不完全燃焼です。ガス中毒の症状と言えば、症状の軽い場合は、風邪の症状に似ているため気づくのが遅れる場合があります。以下は吸入される一酸化炭素濃度によって現れてくる中毒症状です。
一酸化炭素濃度      吸入時間と中毒症状
  0.04%      1〜2時間で前頭痛や吐き気、2.5〜3.5時間で後頭痛がします。
  0.16%      20分間で頭痛・めまい・吐き気がして、2時間で死亡
  0.32%      5〜10分で頭痛・めまい、30分間で死亡
  1.28%      1〜3分間で死亡
軽い一酸化炭素中毒になると、ガス機器を使用中に脱力感や頭痛などの症状が出た場合や目がチカチカしたり悪臭を感じたりした場合は、ガス機器の不完全燃焼が考えられますので、ガス機器の使用を中止し、点検を依頼することをおすすめします。

ガス中毒の救急
ガス中毒になった場合の応急処置法は、意識がある場合とない場合とで変わってきます。
それぞれの場合における応急処置法を見ていきましょう。

(1)意識がある場合
ガス中毒患者に意識があるという場合、まずはガスが発生していない風通しのいい場所に連れて行き、新鮮な空気を吸わせます。 この時、仰向けに寝かせて体を締め付けている衣服を緩め、体に新鮮な空気を取り入れやすくするとともに、体を動かさないようにすることが大切です。

(2)意識がない場合
ガス中毒患者に意識がないという場合、まずはガスが発生していないところまで連れて行って寝かせ、気道を確保します。呼吸が止まっている場合には人工呼吸をし、脈を確認できなければ心臓マッサージも行います。 またこの応急処置をしつつ速やかに救急車を呼び、できるだけ早く病院へ搬送して適切な処置を受けさせることを忘れてはいけません。