危ない!現在、ガス中毒が多くに発生する

ガスは主に4種類があります。それで、中毒は主に三大種類に分かれます。家庭の中に、ガスは主に一酸化炭素、液化石油ガス、都市ガス、天然ガスを指します。それで、ガス中毒について、前者は冬より多くコンロで暖を取り、また、窓はきつくクローズしたから、煙の流れが不良で、中毒になりやすいです。後者は調理器具を液化するので、たまに漏れ落ることがあります。ガス中毒になると、病人は最初に、頭痛を感じて、そして、頭がぼうっとして、吐き気、嘔吐、無力等の状況も出てきます。ここは、中毒に気がつきます。大部の病人は急速に痙を発して、昏睡して、両頬、前の胸皮膚と口唇には桜赤色を呈します。その時、応急手当てをして救うと、すぐ命を助けることができます。 ガス中毒は人が空気中の一酸化炭素を強く吸入して中毒することです。しかしながら、もし軽型中毒であれば、ガス中毒の時間は短くて、血液の中に炭酸素ヘモグロビンは10、20%まで含みます。 中毒の早期症状の表現は頭痛のめまい、動悸、吐き気、嘔吐、四肢無力、短い卒倒等です。一般的に知覚と意識はまた回復できます。そして、新鮮な空気を吸入したり、中毒環境の後、外へ行ったりすることで、その症状は急速に消えます。一般的に後遺症を残しません。