日常生活にガス中毒の救急方法について

日常生活には、必要な措置を作り出すと、ガス中毒の危害を軽減するようになれます。もって戒めようとお願いします。ここで、いくつかの必要な措置を紹介させていただきます。
1.公園に、毎日、胸運動、太極拳等を堅持します。特に、1日30分くらいです。
2.ガスの情況を繰り返して検査すべきです。仕方ないですが、再度中毒を防ぐためです。 ガスが漏れ落とすことは有無しているかを検査したり、設置のところが合理かどうかをチェックしたり、ガス調理器具の故障が有無したり、使用法の正確さなどをちゃんとチェックしたりします。
3.ガス管と老朽化した管を使うことができなくて、それぞれの半年は1回の配管通過を検査します。
もし現場で、ガス中毒している人が居れば、どうしますか。中毒の解除方法は人工呼吸です。
1.通風が悪いので、すぐに窓を開けて、病人を外の空気が新鮮な場所に移します。そのうち、 保温について注意しなければなりません。
2.ボタンを緩く解いて、呼吸道の順調を維持します。口の鼻分泌物を掃除します。呼吸が突然に止まることを発見すれば、すぐによいべきで、人工呼吸をしなければなりません。そして、心臓インビトロを作り出して、マッサージします。
3.条件があれば、病院にすぐに治療しすべきです。中型、重量級のガス中毒の患者に特に適合して、その上病気者に生き返らせることができて、まだ、後遺症に減少させます。