3秋の絵

の3学年の第3ユニットの秋の絵

今日は土曜日で、お母さんは私達を连れて行って安寧仁寿山近くの農家で、感じて秋の絵.

p農家の果樹園一枚は一枚.真っ赤なリンゴはこずえになって、またまた繁田、1つ1つのしっかりして押し合いている.感じはとても香を見て、私が讒直流、私の好みの赤くて大きいはきれいだし、準備を事細かに摘んで味わう.

桃園の中で、多くの桃の木にはもうなくなってしまった桃が、緑を茂らせているが、私たちが大好きな、有名な国内外の安寧桃はここで育った.桃の満開の場所はここですね.

の庭で、塀の外、あちこちにナツメの木の幹の何倍も太い腰.なつめの木にいっぱい掛かって赤い像瑪瑙、緑の翡翠のようナツメ.庭には収獲に満ちている赤いナツメが晒ている.

1つのサンショウの木の上のサンショウは赤くて、1つの思い思い、1つの思い思い、鮮やかな無比.私は好奇心から1粒、手で1粒、手で1つの“油”を絞り出して、私は1口、麻の私は舌を吐きます.

の帰り道で、至る所すべて売り桃、りんごやナツメの露店.リンゴは箱の中にはあなたは私を押し合いて、私はあなたを押し合い.かじっ、とても甘酸っぱい味、美味しいですね!私はよく見ると、リンゴの携帯電話の絵柄をかじってみました.私は興奮してパパに伝え、見て、Iphone4.

秋は豊作の季節で、絵のように絵が好きな秋が好きです.

三年生で第3ユニット秋の絵

には秋に私の身の回りに来て、ほほえんで聞いて:“このかっこいい小さい友達、あなたは私が好きですか?」彼女のことを聞いて、私は白彼女は、全然好きじゃないんだ!彼女は依然としてにこにこしている、彼女の手は空にそっと振り、急に、彼女の手にはきらきら光った絵筆が現れた.

p>彼女<手の筆で流れて、私の目の前にすぐに現れたという絵:大地に一面の靑々とした草、芝生に多彩な花、绿叶成荫の木.忽然、一陣の風が吹いて、草花や樹木が動くのは、それらの動きが動いたり、突然起こった一つ不思議なこと――草をはおって金色の服、色とりどりの花の花びらが、風に揺れる木の葉がちらついてい、着て真っ赤な、金色のコート.

p>を見て<が夢中になって、突然金菊満開、大菊形成広大な金色の海洋;1筋の不思議な香りが鼻に飛び込んで、もともと香る金桂、この味は本当に心にしみわたる.画面は変わり始め、夜、秋月は鏡のように、そろそろ涼しく水のように、白砂糖のようにように明るい月の光を続けて、秋風と優しい娘のように優しい視線で大地をなで.

私は最後、私は誠実に秋道に向って、秋はそんなに美しいですから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です