冬のガストレーニングに遅れないで早めの選択

P命は運動にあり、運動は健康によい
.今、自発的にスポーツをする人はだんだん多くなって、甚だしきに至っては一部の人が冬練三九夏练三伏.冬の最大の特徴は気温が低く、朝の空気が出やすい逆転層、近い地層空気汚染が大きいので、冬を鍛えて、注意しなければならない運動時間をずらして、両方の体と環境の低温の時間帯も避けて、朝の汚染の時間帯に達成し、良好なフィットネス目的.

冬の晴れ日、気温の変化の法則は普通は朝と午前より寒かった、午後は暖かい.人体は生物時計制御、人体自身の温度も午前低、午後高くの法則に従い、冬季フィットネスの時間を午後の14:00~19:00は理想の.この時点で、屋外温度は比較的に高くて、人体は自分の温度も比較的に高くて、体力も比較的にとても高く、興奮しやすく、運動状態に入りやすいです.朝または午前9:00前にフィットネス、気温が低いため低温に人体の損害は主に、局部凍傷と全身の体温が低いということです.寒冷環境で長時間運動(長距離等)、体温は多く、眩暈、協調能力が低下、歩行が不安定などの徴候が出現します.このとき、横になって休むことができない、それによって体温がさらに下がることができて、そして昏睡状態になって、甚だしきに至っては死亡する.正確な方法は熱量の食品、服は適当に、運動時間を維持し、体温のレベルと機体の正常機能を維持するため、運動時間を維持することが本当に運動することを維持する目的.

専門家によれば、ガス、冬の後半はしばしば地面近く逆転層で大気汚染物質が朝ろく時前後に最もにくく拡散、太陽が出た後も、地表や近地層温度上昇しやすい、汚染物質が高い空に拡散.逆転層がなくて、日光が現われる朝、夜は光合成の緑色植物近く、溜まった大量の二酸化炭素に加え、空気中に放出される一酸化炭素などの汚染物質の含有量が高く、自動車排出ガス中の窒素酸化物、炭素水素化物、鉛などの有害汚染物質も集まって地面に、この時の訓練は、多くの煙とほこりや有毒ガスを吸入.長期にわたりこの環境で鍛え、非力、眩暈、咽頭炎などの疾患が現れ、体の健康に危害を与える可能性があります.だから、午前中にフィットネスを選んで、10時ぐらいは適当に始めて.太陽が出た後に地面に晒、大気が対流、汚染の空気が上空に広がり、人体の被害が小さくなる.

また、高齢者は冬季運動の最大の群体、老人は耐寒、抗ウィルス、抗汚染物質の侵害の能力に対して劣るので冬朝練必ず急いで遅れないほうがいい、早くを朝練と太陽の結合.もちろん、運動の前の準備も大事:まず一杯飲み水や牛乳、豆乳、最高はパンを食べる、ビスケット類のもの、そして室内で行き来して行き来して、すばしこくて関節、筋肉にじっとしていて、太陽が上がった後、明らかに暖かさを感じた時、もう朝练外出.

(責任編集:骆丽萍)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です