思想ガス_ 0

時間が経つにつれて、我々の精神は徐々に消え、90後の私たちは当時両親の世代と先輩達の刻苦奮闘の精神に続いて、そして享楽主義思想は、そう思っていないでずっと仕事前は完全に消費者が、分からない自分はもう大人になりました、私はもう子供!

かも知れない、無邪気で、無邪気で、無憂や無慮生活を楽しく、幸せに浸るの溺愛親,ガス、あるいは扶養義務がある自分の時にできるだけ多くの楽しみ、これからも同じように両親に報いる!

私たちは、お金の前にはただのように小さくて、ただ、私たちは家族を金銭化して、両親が自分の持っているお金を与えるだけでもっと自分を愛します!これは正しいかもしれない!

これは、必ずしも正しいとは限らないと思います!もしあなたは親からささやかな報酬のでさえすればと思って,彼らは自分の子供の要求に満足して満足して全力であなたを自分の生活は親心の時、あなたはお金は親心の象徴ですか?あなたがまだ親に対して、自分の生活をする時に駆けて、あなたは、親には深い意味があるのなら耳を貸さないなど、あなたは見親白髪が生顔、手は傷だらけの時,あなたはあなたにお金を多くの親があなたを愛しますか?

私たちはあなたが良いことを望んで、良い勉強の環境に差別されている人と差別されないで、あなたは良い日を過ごすことができて、努力、更に苦くて疲れてもいわゆる!

失ったお金を、それ以上に手に入れてもいいというのは、このような愛よりも、何かを得ることができるのです
一部のものは失ってはまた帰って来て、まさか私達が本当に失った時は本当にやっと発見して両親の苦心が並大抵でない?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です