卒業、ガス惟は安好

一六月、多情の季節.

pは、喜と優を乗せ,清の縺れとしても.

卒業、卒業、それぞれこれらの言葉はすべて明らかにして、あれらの情、あれらのイタリア、また散の時まで着いたでしょうか?

慌しくの三年、私たちは意外に出会い、それは最も米の意外だ.この美しい夏、成長の風、私の頬、乾いて、涙は乾いて、それ、意味は、別れ.

私たちの母校に属しているのは、私たちの母校に属している.あれらの笑い、あれらの傷、時間長くなって、すべてもう重要でありません.古いよう、ga然振り返って、見て、万事は連休.

その本

木綿の木、また咲いたワタノキ.憶を拾う.あの一輪木綿花、靑の渋い味、このように、次第に成熟した私たちは.かつて、私たちは手を繋いで歩いて、そこにある誓い、それを忘れてしまった.

の往事はけむり、舞う柳絮.天下には散る宴はない.あの教室、あの黒板、グラフィティのステップ;そのテーブル、下のしずく、痕跡は、私たちの靑春.

私たち,ガス、いっしょに窓の位置に座って、私は前席、あなたの後ろ座席.あなたの背中の情景を突いて筆を、私は、窓の外の墨竹、見届けて私たちの歳月.墨竹竹歆る風の歳月.

さようなら、再び会う
私はあなた,幸せになるよ.

好きの私をプラスすることができ1121627927 q:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です