田舎のガス夜

秋の感じが濃く、休暇期間に感じ、豊作の光景は、夜、庭に座って感じて田舎安逸の夜、田舎の夜は謎の夜、また配布に盛んな活気の夜、一人でも配ってすがすがしい香り、それは田野の息を吸い込んで、一気にはそんなにの深い、そんなにの静かな心に,田舎の夜、潭静かな湖、たまには喧嘩を破る、この糸静かで、湖面が出て幾重にもさざ波、ぐるぐるとゆっくりを押しのけて、あなたが私の心の中に入って.

田舎の夜、1首の静かな曲、路地の足音は音符の飾り、聞いて、この夜想曲起伏で抑揚が、田舎の夜は美しい月、甘い静かなで明るい、柔らかな光を撫でて大地、こぼしてるのは田舎に無限の恋しい、田舎の夜ああ ,ガス、また一輪のようにきれいな白蓮、香遠益清、そよ風は吹いて、ひとしきりひとしきりの香りを放つ、月が中天に座って、ひさしの下で、田舎の夜とささやく.

p>を見て<庭中の若木を超えて、とっくに私の身長、歳月、思い出を殘し、田舎の夜私を持ち込んで昔の記憶はできない私の少年時代に戻って、幻想をもあったし,昔のパビリオンを見に戻って、春江花月夜の孤ガン、聞いて酔いに挑灯看剣のダンス音楽、夜、静かな夜に想像の夜、と思って、服を羽織って私の身には、母の母の愛が夜の中で最も美しい景!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です