最後のガス日の最後に

あの日の朝、私はそれは最後一日,気落ちして、悩み、すべて消えて、私は狂って,行くことができます.死の歩みを止められる人はいないから.

私はすべての人に教えて、私は退廃的に行くことはできなくて、退廃的に何か用はありませんか?明日死ぬな、自分を自由自在にすることはできない.

は祖国に行きたくないです……

pは試験の成績が行きたくないです……

勉強や遊びはどの重要なことか、勉強や遊びに行きません……

自分で勉強する傀儡に縛られている……

私は先にゲームホールに行って
,ガス、自分の最も良い友達を探して、3つ.縦横無尽に遊ぶ.私は私が食べたいものを食べに行って、縦横無尽、人は私を妨げてはいません.私はバンジーに行って、靑空を体験して靑空の感じに溶け込むことができます.私は行きたくなる穀、そこに大声で叫んで、穀のこだまを聞いて.

私は私自身の料理の料理、町へ行くには、一日に旅行に行きたいです.

にしても……この一日、私はやっと本当の解脱解脱ができる……縦横無尽の翱翔に行く……

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です