私はひとりのガス孤独を守る

夜、毎晩の風は物寂しい

は、毎晩の風は物寂しい<P>となっている私は独りで孤独な家を守るを酌むて<
1/p>を酌むPはあたりの閑散の壁

を眺めていますPは5味の感じです

はPは、一枚は茫然としては茫然としてはと頭には茫然として<P>である私は相思です,悔恨ですか?自分も自分も道理がわからないのです

酒に憂いも言い表せない涙になる

私の相思はどこにある、私の感情はどこにあるか

Pは相思、2カ所閑、無計は解消する

Pは眉根として、頭には

として、頭には<P>となったPは、涼風風が吹いて,私は何も感じなくて

と感じました.

風が吹いてきて、庭の物音が、まさか孤魂月ル、野鬼が来た私の孤オタク、私の心の中に何を恐れて、私はグラスを上げて一気に飲み干すとともに、豪気酒ガスが噴出し、死は恐ろしい、生と死に及ばない一番怖い、もう一度食べと孤魂野鬼相談日の機会,ガス、一番ほしい浮世離れして、徹底的に孤独な人になる.

すると、私は孤独な筆を取って、記録している私の悲しみや孤独、あの夜空の月を鑑賞して、私も暇がなくて、私で窓を閉め、感じる風が吹いてきて、私はこの孤独で、孤独な夜は更に寂しくて、寂しい.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です