エアコンのガス冷却片は2個の月に消毒して1回消毒する

近日,ガス、関係機関に北京、上海、広州の家庭用エアコン調査によると、88%のヒートシンク細菌は規準を超えて、クーラーを大量に検出されブドウ球菌、軍団菌などの細菌が体に健康な隠れた危険.エアコンの清潔を保証するため、ほとんどの家庭は濾過ネットの習慣がある.しかし専門家は指摘して,事実上にエアコンの放熱するのが病菌の温床で、しかしよく見落としている衛生的な死角の一つで、見落とすて洗うことができません.ヒートシンク保菌易致冷房病調査結果によると、家庭用エアコンのヒートシンクは違い程度の微生物汚染、エアコンのヒートシンクに細菌総量のガンダムは1 . 6万個/ cm 2、エアコン内部にも検出大量軍団菌、セレウス菌、黄色ブドウボール菌など病菌.ヒートシンクではエアコンで空気の通り道に、空気中のほこりや汚れを重ねてヒートシンクに加え、空調ドレンによる湿っぽい環境やエアコン運転時の適切な温度による大量繁殖し、菌菌繁殖の温床.中国の洗浄用品工業委員会科学技術の専門委員会委員魏少敏教授は紹介して、放熱板の中の菌が人体の健康に対して毎回運転時危害、エアコン、ヒートシンクの大量病原菌を出してから噴出コンセントが室内に、人の冷房の内と、めまいがして、疲労、免疫力は下がって、すなわちエアコン病、深刻な者を引き起こすことも呼吸道、過敏性肺炎、腸カタル、ぜんそく、細菌性皮膚炎などの病気.専門家は指摘し、現在私の国の住民はエアコンの放熱に対する汚染の情況に対して理解しても足りなくて重視して、値して注意を引き起こすことがあることを指摘して.2ヶ月に一度は消毒ごとに必要以上の汚染源のエアコンはヒートシンク、フィン消毒殺菌する必要がある.しかし専門家は指摘、ただ簡単に濡れて雑巾を使うのは放熱する表面は清潔で、深さに清潔と殺菌の効果がないと指摘する専門家は指摘して、専門家は指摘していて、ただ簡単に清潔と殺菌の効果に対して.魏少敏提案がエアコン使用前に、必ずフィン徹底的に消毒して、過程を使う中で少なくとも2ヶ月ごとに一度は消毒、ぜひ使って国家衛生部の消毒製品証号の専用エアコン消毒剤、根本的に切断エアコンのステルス汚染源.具体的なやり方を、消毒製品を使って消毒する前に、まずエアコンの電源をオフにし、プラグを抜いて、室内空気の空気と流通.そしてエアコン表面パネルを開き、フィルター網、空気浄化フィルターをとり、放熱.後に保険片に対して、十分によくビン(少なくとも揺れはち度)は、フィン約5 cmで、上下順に全体のヒートシンクを洗ってスプレー. 噴洗い終わった後じゅうご分ぐらい待って、再稼働空調冷凍プログラム15 –
30分は自ら排除汚水排水管.魏少敏特に注意して、スプレーで洗って終瞭後の待ち時間に、をはずしたフィルターに清水できれいに洗い流してあるいは洗剤.として、使用頻度は,毎年、毎年の衣替えエアコンの最初の起動前に、1度洗浄しなければならない.エアコンの日常使用過程で、2ヶ月ごとに1回洗浄する.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です