足湯は風邪症状を緩和することができガスる

生マオウごじゅうグラム、杏仁ごじゅうグラム,桑の葉ごじゅうグラム、菊ごじゅうグラム、ソウハクヒごじゅうグラム、コガネヤナギ25グラム、桂枝ごじゅうグラム、サイシン25グラム、焼き後に取り薬液かす.これは北京中医薬大学の東直門病院のマッサージ科主任を刘长信1人の風邪の患者のつける漢方薬の処方、しかしこの漢方薬は口先だけ承服したのではなく、用の足.刘长信主任によると、まず上記の漢方薬の材料を分けに同量の(ごとに繰り返し使うことができてさん次)を取って、うちの一つを鍋に入れ、1500mlの水を炒めて煮ましにじゅう分後、塗り薬をなんとたらいの中で.先に水薬の蒸気かおる足、等の温度が適当に後に更に足湯(温度は43℃を下回ってはいけない)、水薬の温度はいつでも適量の熱湯に入ります.毎回浸し時間が発汗する程度によって、普通は20~30分、最も深いのは1時のたらい、下腿も一緒に浸して効果が良いです.水薬は繰り返し使用時、足湯の前に水薬に加熱することができます.漢方医は風邪が多いことを感じて,ガス、肺衛が機能障害になることを感じて.薬浴足を浸しては宣の肺は解表、発汗列邪を原則.近代的な研究はコガネヤナギ、桑の葉、菊、抗菌、抗ウィルスの作用、また同時に持って風の放熱の効果.薬浴足を液体に浸して血行を改善します、機体の免疫の機能を強め、消炎、抗菌、病気の経過を短縮し、合併症および風邪予防の再発を減らす.注意したいのは、薬浴療法手頃で発汗するべきで、極端に大量に発汗.薬浴療法後で保温に注意して、再び風邪冷え防止.重症について風邪を引いて、熱が38℃以上の患者は、最高の病院に行って医者にかかるが使えない、代わりに薬物治療薬浴足.華中科技大学梨園病院康复科张道鹏副主任によると、足を浸した後にマッサージを行うのも1つの治療と風邪を引く病状を緩和する良い方法、とても適する体の抵抗力は低くて、風邪を引きやすい老人.お湯には1小勺、生姜50~70グラム、足湯半時間ぐらい.足を足湯時、まず足を湯気に浸してかおる、水温が下がって後また両足を水に浸して水に浸して、そして互いに綯うて、水の涼しい.泡をいぶした後に脚のマッサージを行って,それが重点的に区に対応して肺、気管支、鼻、額、三叉神経、脳下垂体、甲状侧腺、腹腔神経叢、腎臓、膀胱、喉、扁桃体とリンパシステムなどの反射区.通常マッサージ30分くらいでできるだけ.漢方医は食塩は解熱、解毒、凉血など効果、ショウガは持って散るのは冷たくて、止吐、解毒作用、寒風と寒気について風邪を引いて、あえいで咳膨満、喉の痛みなどの効果を治療するのは比較的に良い.一般風邪の初期は2回しても効き目がある.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です