絹と調和が治愈焼いて灰黄酒ガスしもやけ

山東省の李さんから手紙:小さい時、私はよくしもやけして,1つの冬はすべてよくなくて、奇数はかゆくてかゆくにくいです、1捩れ破れてまだ痛いです.それからママはシルクの角で灰になり、しもやけにつけて、とても速くて、とても速くて、しかも1つの冬は更に長いことがなくて.浙江医薬大学刘玉良副教授:しもやけは冬のよくある病気で、確かにいいシルクで焼いて灰の方法を治療する.具体的な方法は次の通りを取って、絹の一枚をライターで点燈キャンドルや、待たずにその燃える火が完全に入れ、その燃えた後に出る灰になる細粉,醸造酒の適量アンケートをペーストで拭いてしもやけ部位.毎日一度、全治に至るまで.漢方医は繭リジェクト経精錬、松の製品を引っ張ると呼ばれる蚕綿、また真綿や綿.蚕は綿性味は苦く、寒.心に入る、肝、脾三経、『医林まげなら」とその焼き灰存性敷しもやけ、補う亀裂.カイコ真綿はしもやけ、冬手足皸の作用を説明します.シルクは蚕の絹織物のため、蚕绵和シルクのようなものもあり、治療の作用しもやけ.実は身の回りは蚕の綿を探して、完全に絹の代わりに使うことができます.黄酒性は暖かくて、味の苦楽シン、内服外用も血行をよくすることを放しだして,ガス、散寒、風を取り除くの役割は、血液の循環を助けることができます、新陳代謝を促進して、効果的に寒さをしのぎ刺激.そのために黄酒として、黄酒の灰に外用、しもやけの効果を治療するのは良いです.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です