麻疹が再ガスび现踪

最近、中国大陸、ベトナムなどに感染源が伝染し,ガス、感染者はほとんど麻疹ワクチンを打ったことがありません.表示はしかも続く脅威て、軽視できない関係の防疫措置.

稚児■幼児の緻命キラー

ワクチンの時代、ほとんどの人はすべて1度のはしかを得ることができます.過去の麻疹はあばたと呼ばれ、幼児のトップキラー.世界保健機関によると、2007年全世界で19万7千人が死亡していると、毎日平均540人が麻疹、その95 %以上が立ち後れ地区で発生している.

ウイルスは各器官によって直接侵害されるため、肺炎、脳炎、心筋炎を引き起こし、細菌性肺炎などを併発して感染しているという.開発中国児童の高い緻死率と栄養不良に関連し、ビタミンAを補充して死亡率を下げることができます.数年前私は衛生署員とセネガルアフリカ,甘アジアに行って予防接種を受けて、ビタミンAがすでに現地の9つの月赤ちゃんの通常項目にしていることを発見しました.

臨床表現■臨床表現

麻疹ウイルスに触れた後、通常は7~18日(平均10~14日)の後先で発症するという.だから感染地域観光、帰国後二、三週間以内にもし発熱、発疹現象は麻疹に考え.発症初期には発熱と他の風邪の症状があり、3、4日後に頚部と頭部が発疹、全身に拡散し、外見は暗い赤色の赤少し突き出ている発疹.口腔内の頬の粘膜にはいくつかの点が現れて、柯と称されて、これは医師の診断の麻疹の重要な参考の一つです
典型的なはしかも出現する3Cの症状、すなわち,結膜炎(conjunctivitis)、鼻水(coryza)と咳(cough).これらの症状と2種類の疾病は似て、1つは現在依然として不明な川崎病、1種は腺ウイルス感染.これらの病気はいずれも熱が出て、発疹、結膜炎などの症状があります.だから最近は海外旅行に接触したことがないか、発疹、患者は鑑別診断の重要な情報.

予防の道■■

予防の道

麻疹はウイルスに感染し、薬を治療することはありません.その感染経路と一般呼吸道と同様に、飛沫と接触伝染.飛沫伝染の有効な伝染範囲、約1~2メートル以内、だから患者と接触しないで、感染予防に感染することができます.間接接触伝染は患者の呼吸器に接触した後、また自分の目、鼻など部位、ウイルスは機会が体内に侵入することができます.常に手洗い、一般気道感染の共同原則として.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です