立秋後項煮るきゅう、ガスく養生スープ最も滋陰肺を潤すこと

立秋の節気は、天気は依然としてが暑い濡れる)に加え、秋の乾燥していると、そこにはかまわなくどれだけ来て肺を潤すこと、暑気払い湿滋陰スープ.立秋になったら、スープは何と言いますか.以下9項の養生スープは立秋後に食べる上物に適合して、1起きてそれらは何だろう.北の立秋になると、秋の到来を暗示している.でも南方人には立秋後に殘暑を迎えて.専門家は指摘、夏の暑さは消えて、しかし秋の乾燥はすでに始まった.立秋の乾燥しているガスが上昇し、易傷の唾液、肺を潤すことを主とするべきで食に滋陰.立秋になったら、スープは何と言いますか.暑気払い、乾燥しているの汤为佳潤湿.立秋になったら何のスープに適していいですか.推薦:ギンナン蓮子山芋スープの材料:新鮮な山芋200グラム、ギンナンじゅう粒、赤いナツメじゅうご粒、枸杞子にじゅう粒、やるじゅうの10 – 15グラム、氷砂糖蓮子.作り方:蓮子とナツメは先に冷水で1時間に浸して1時間を浸します.ギンナン叩き殻.山芋むきにサイコロ清水で液体に浸して予備.鍋に水を注ぎろく先に碗に加え、ギンナン、蓮子は、赤いナツメの大火煮た後に転小さい火.20分後、更に山芋を入れて20分ぐらいに入り続けて.最後に10分でクコ子、3碗の水を入れて、調味料を加えることができます.効果:主に内臓を強くする益胃消化作用.山芋含有澱推薦二:イチジク北ツリガネソウ百合豚足スープの材料:北ツリガネソウにじゅうグラム、ユリによんじゅうグラム,イチジク、豚足200グラム、陳皮いち小さく,食塩適量.作り方:材料をきれいに洗って、イチジクは縁を切る.瓦の煮る内加清水、猛火で煮て沸を入れ、火に素材、切り替えで煮る時間、塩で味をととのえ.効果:滋陰潤乾燥清音便通貧血状態で、乾燥している.推薦:トウガンハスの葉3煮るアヒルのスープの材料:水鴨250グラム、冬瓜200グラム、柔らかい葉さん小さく「いち]鳩麦25グラム、赤小豆25グラム.作り方:水鸭洗浄に切りでブロック.トウガンは皮をざっくり切りにする.未展の嫩荷葉洗浄.ハトムギの実、赤小豆浸透後クリーンな.すべての材料を煮込んで煮込み、2950適量、煮込み湯飲み蓋に,ガス、水の煮込み.先に大火で30分煮て、更に中火で50分煮て、後は小火で90分煮ます.煮込み後、薬を取り出し、適量油、塩、昧を入れて服用.効果:鮮荷葉は清暑利湿、冬瓜を下げて暑気を払うことができて、古いアヒル滋陰血、益の胃の唾液の分泌を促進して.三者の煮るスープを飲んで、熱を下げて暑気を払うに濡れても、また益胃唾液を分泌して、最も適し立秋時節食用.推薦4:キクラゲ蓮子スープ材料:キクラゲ、蓮子、棗、クコ、リュウガン、氷砂糖、氷砂糖.作り方:キクラゲを少し引き裂いて洗ってください(根でないほうがいいと黄色な地方)に入れポット数時間まで待って、少しくっつく柔らかい時予備.先に鍋に水を入れて煮て、氷砂糖(依人蓮子(味)では蓮蕊を取り出して)大煮、煮るないので、口当たりが悪く多く.そして入白木耳まで煮る煮え立つ、下に赤いナツメ、ユリ、クコの実、も少し煮て、才能は栄養煮てくる.最後にリュウガンを入れて少し煮ると.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です