不規則出血には、ガス6場合は、婦人科検査を必要とする

p>と<があれば感じる腹部膨満、骨盤圧迫感、小便は頻繁に、卵巢がんの兆しかもしれない;もし発見不規則な出血、例えば一ヶ月に2回来る月経が子宮がんの潜在的な信号を感じ、陰門かゆくて、そして伴って白い斑点が1種の硬化性の皮膚病……編集にあなたに教えて、ろくが以下の場合,女性を見に行かなければならない婦人科医、早めにチェックがより健康を保つ.

について、何時に医者を見ますか.今の婦人科の専門家を女性の友人たちと質疑応答惑.

1、骨盤が痛くて.女性が排卵した後、月経困難はとても速く消えてなくなることができます.痛みが長すぎると、医者を見ることになりました.医師会チェックは良性の子宮筋腫,ガス、子宮内膜症、また骨盤感染状況を検査.骨盤が痛くて、急に速く、卵巣嚢腫が破裂し、出血が伴う.また、骨盤痛が膣出血に伴うと、子宮外妊娠の信号も可能にしている.もちろん、骨盤は、卵巣癌の連絡はあまり大きくないです.もしあなたは毎日感じ腹部膨満、骨盤圧迫感、小便は頻繁で、そして症状が続く2週間以上,それこそやるべき卵巢がん検査.

p骨盤痛

2、不規律出血,
即効性一番のED治療薬.異常出血の場合が多く、月経期の延長を含む、月に二回月経、性愛出血など、原因は深刻で、月経前症候群などの停止や子宮筋腫など、子宮ポリープ.もし毎回性愛も出血する可能性がある、感染が起こってしまった、例えば淋病、クラミジアなどの性感染症.もし女性は月経閉止、膣からの出血は子宮がんの潜在的な信号.もちろん、いかなる時期の膣出血はすべて検査するべきです.

p不規律出血

P3、異常分泌物.膣分泌を配布緻の分泌物、そして伴ってかゆくて、灼熱の感覚や分泌物を帯びた、この種類の症状がよくある感染のタイプは子宮頸に感染して、細菌性膣炎あるいは毛トリコモナスやすく、愈し、もちろんお医者さんを検査して、性感染症の要素を排除する.

p異常分泌物

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です