避妊法ガス一覧表

は男女平等を提唱して、単に女性の避妊はすでに主流になって、男性にとって、流行の避妊に対して、男女双方は必然的に交流、相手を尊重します.

伝統的な男性用避妊用のPpコンドーム——便利だが、思うさま

ではありませんこの小さなゴムの中、多数の男は知らない.爽が爽と感じる人もいるが、これは現在、最も広く応用されている避妊具である.購入が便利、各種ファッションのデザインはコンドームの多くの機能を与えました.

の美点と欠点はPK:コンドームを避けることができるいくつかの疾病の伝播、例えば、淋病梅毒、AIDSなどの疾病の伝播を、男性の体の健康に悪影響をもたらしません.しかし、そのたびに使うたびに,一段のものを隔てて、激情、簡単な男性にとって、多少の煩雑があるといっても、思うさまない.その避妊効果は100 %ではなく、品質、使用方法が不当に、5 %程度避妊の失敗のリスクもある可能性があります.

Pは体外に排出する――意思力が拮抗する

P体外併は精液が膣に入って受胎、性交の過程で男性は性交を中止すると,ザーメンは女性の体外で.体外に排出する避妊法は男性に十分な制御力が要求さ.

の美点と欠点はPK:性興奮時、男女双方の生理の一連の変化、例えば動悸が速く、性器器充血など、大脳皮質に興奮して、もし強引に中断し、双方が満足しないで、男性の性を招いてしまうかも疲れと女性の性冷淡、そして約22 %ぐらい失败率が多いので、この避妊方式でないほうがいい.

p薬物——簡易は副作用

は副作用

は、薬と注射薬と2種類の薬物分に分けて.

ゴッシポール:ゴシポールは経口避妊薬男性の代表も、唯一のかつてに臨床の薬.この普通の綿の種で抽出の化学品優れた精子を生成を抑える作用、半世紀以上に、科学者はずっと注目ゴシポールの避妊作用.

は副作用が多く、例えば服用者は低血カリウム症状が出やすいと全身軟らかいし、しばらく労働力を失っているとしても副作用があります.最も深刻な副作用は服用者が出産能力を喪失する可能性があります.専門家は推薦しないで使用しない.

11睾酮注射:このアンプルを得たWHO(世界保健機関)の推薦と呼ばれて毎月1針で避妊が、現在の世界を多くセンター第3期の臨床試験、最後の開発に成功していない.男性は、その薬を注射後,ガス、黄色人種の避妊率は90 %以上、白人は60 %程度しかないという.

p不足:薬物注射には即時効果ができない,
レビトラ.毎月注射を注射して、3ヶ月連続で避妊する効果、黄色人種人の避妊率は90 %以上に達している.<>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です